【ライフスタイル#01】最強読書術|おすすめツール・テクニック・サブスク満載

こんにちは、ちんぺいです。

今回は読書習慣を持っている方に、「どうやってその習慣を身につけたか」その過程や意識した点・テクニックなどを振り返ってもらいました。

ビジネス書などの書籍は先人たちのノウハウが結集した「人生におけるパワーアップアイテム」そのものですので、自分も実践していて、かつオススメしている習慣です。

今回は「読書をして良かったこと」といった経験談や「習慣化のテクニック」・「読書の効率化」の方法など、ノウハウが満載ですので、是非実践できることがあれば何かしらご自身の生活に「プラス1」していただけると幸いです。

ライフスタイルシリーズでは

ある人が実践している「最強習慣」・「ルーティンワーク」・「心掛け」を取り上げ、それが人生にどのような「プラス」を持たらしているかを紹介していきます。

これ「いいな!」と思うものがあれば、ぜひ皆さんの日常に持ち帰って生活にインストールしてみてください。

目次

読書習慣をどのように手に入れたか

 

ちんぺいです。
まずは、読書習慣は元々あったのか、それともきっかけがあって途中から身につけていったのか、教えてください。

 

以前は読書習慣そのものがほぼゼロでした。きっかけは、とある経営者から「人生観や人生そのものが変わるからやってみなさい」と言われたことで、そこから「本を読んでみようかな~」と少し意識するようになりました。

そこで、週末に一旦大きな本屋に行ってみました。
自己啓発に関する本がたくさんあったので、2・3冊買って読んでみたら、いくつかは「なるほど」と思うポイントがあったんですが、結果日常生活は何も変わりませんでした(笑)

 

これは僕も耳が痛いですね。
セミナーに参加したり、本を読んだりしても3日経ったら忘れている! …なんて良くあります。
結果的には、その後は継続には繋がらなかったんですかね。

 

しばらく継続できなかったです。
ただ、そこで諦めるのも悔しくて何か良い方法は無いかなぁって思っていたんですけど、よく考えたら「そもそも何のために読んでいるのか」っていうことを一切考えていなかったことに気づいたんです。

 

あ、それは大事な気づきでしたね!
冒険の目的が無いゲームで、ひたすら強くなるために敵とただ戦うみたいな状況ですよね、辛いです…。
そこから次のステップは何があったんですか。

人生でやりたいことを書き出してみた

 

でもまずは、本を読む目的を考えるというより、自分自身が今後どこに向かいたいかを考えないとな~と思っていました。

そこで人生の夢や目標を考え始めてみたのですが、そのうち段々楽しくなってきて、少しずつ書いていくうちに、気づいたら目標の大きさ別にピラミッドができていました。
その後編集しやすいようにスマホに記録したことで、更に入れ替わりが増えていき、思いつくたびに入力や修正をしています。

●作ってみたという目標(手帳)

①夢や生涯の目標
②3年間の目標
③1年間の目標
④目標達成のための心掛けやルール
⑤目標達成のための行動リスト(月間・週間)

 

な、なんだか会社みたいで凄いですね!
組織理念、ミッション、バリューみたいな…

 

実はこれも過去に挫折したことがあって、毎年お正月に目標を手帳とかに書き込んでいたことがあったんですが、これまたいつの間にか忘れられていることが多くて。

 

たぶん、たくさんの人が当てはまるんじゃないかって思います。
あれ、でもこれって読書に繋がっていくんですか?

 

そう思いますよね。でも、きちんと効果あったんです。

その後何気なく、前に買った本を読み直していたのですが、「実際にやってみよう」と思うところが見つかったら、マーカーを引いてスマホアプリにもその部分を記録するようになっていました。

その頃は、目標のためにやることや考え方をスマホに記録するクセが付き始めてきていたので、読書してから更にピラミッドの階層が更に増えていきましたし、日常で実践するように意識していました。

本で学んだノウハウを自分の日常にインストールしていくみたいな感覚で読書が楽しくなったことを覚えています。

 

インストール!! 面白い考え方ですね!
でも、何となく理屈が分かった気がします。
自分の夢や目標、更にはタスクなどの行動プランの箱をスマホに用意したことで、本とかで学んだことをノウハウとして取り入れやすくなったというか、いい仕組みを作りましたね。

 

はい。そこからは「これいいな」と思ったらポンポン入れこんでいて、本を読むたびに「学びがあったこと」を実感できるようになったので、読書が楽しくなったような気がします。

 

よく仕事でも「自分ごととして捉えろ」なんて言われますが、夢や目標を考えるうちに、そのクセが付いたんでしょうね。素晴らしいです。
本を読むたびに自分が成長していくことが実感できているケースだと思います。

活用しているツール

 

ちなみになんですが、電子書籍もかなり増えてきていますが、興味だったり、実際に取り入れられたりしていますか。

 

はい、電子書籍もタブレットを買ってから少しずつ増えていきました。

amazonのkindleアプリを使っていますが、値段も紙より安くて読みたい時にすぐ読めるので、セールを見ることも多いです。
何よりもスペースが余計に必要にならないのがいいのですね。

ただ、図解が豊富な手引き的に使うものは紙の書籍で買っています。

 

その辺は意図的に使い分けているんですね。
確かに図が豊富なものに関しては、紙の書籍の方がパラパラめくって目的のページを探したり、全体を掴みやすいかもしれませんね。

 

電子書籍は持ち運びが楽なのと、検索して一発で目的に辿り着けるのもいいですし、マーカーやブックマークをしておくと、後から気になった箇所を一覧で見れるので、どんな本だったかを振り返る時にものすごく便利です。

達成量を見える化して火を付ける

 

実は読書が定着したきっかけはもう一つあって、読書状況や本の感想を投稿できる本を通じたSNSのようなものがあるんですが、これがまた読む習慣に繋がっています。
今月は何冊読んだっていうのが見える化されるので、「今月は何冊読むぞ」っていう気持ちを奮い起こしてくれています。

 

自分の活動がスタンプラリーのように溜まっていくとそれが次のモチベーションに繋がるということですね。
やっていることを楽しくするって大切なことですよね。

 

数値になって表れると「よし、もっと頑張るぞ」って思います。
kindleアプリにもいつの間にか機能が付いていましたが、紙で読むこともあるので、記録アプリは使っています。

読書専用タブレットを活用する

 

最近kindle white paperという新しい端末を買ったんですが、これがまた素晴らしいです。
今までは通勤時にもスマホでkindleを立ち上げて読んでいたのですが、通知とかが入ったりすると、気が付いたら違うことをやっていて、スマホやタブレットの誘惑って怖いなと思いました。

 

つい違うことをやってしまうと。
私は普通のタブレットと何が違うのか知らなかったんですが、kindle paper whiteのメリットを教えてください。

●kindle paper whiteで感じていたメリット

①電池が長持ち(毎日読んでも1週間以上)
②電子インク方式なので、屋外でも見やすい
③文庫本ぐらいで持ち運びしやすい
④余計な通知が来ないので集中できる
⑤ブルーライトが少ない
⑥防水
⑦4G通信が付いている種類もある(回線使用料はAmazon負担)

 

正直いいことだらけなんですけど、端末の通信方法は驚きました。
外出時はスマホでデザリングとかしないといけないのかなって思っていたんですが、4G通信タイプの端末も売られていたので、奮発してそれを買いました。
家ではWi-Fi、外では4G回線を使えています。

 

4Gの回線使用料は負担してくれるんですね、さすがAmazonです。
見ていて僕も欲しくなりました。

効果的に読書をする方法

 

もう1つお聞きしたいのが、場所や時間的にどういうシチュエーションで読書されるのが多いんでしょうか。

 

主に通勤などの電車での移動時間は音楽を聴きながら読んでいます。
できるだけ音楽は歌詞が無いBGMを選ぶようにして読みやすい環境を作っています。後はバスタイムやジムに行った時も結構読んでいて、血行が良くなるからか意外なほど頭に入ってくるので驚いています。

 

なるほど、ジムは意外な場所ですね。
でも「よくひらめく」という理由でタブレットで本を読んでメモをしている人がいることは聞いたことがあります。

 

私の場合は、ページ送りのために画面を触るのは大変なので、小さなリモコンをずっと手に持ってそれでページを送りをしています。

 

確かにそれなら、トレーニングしながらでもできそうですね。
色々と工夫されていてすごいです。

 

あと本当は、就寝前の読書が記憶に定着しやすいゴールデンタイムだと言われていて、kindle white paperならブルーライトも少ないので、定着させようとしているのですが、布団に入ると眠気が勝ってしまうので、無理でした。
その分はバスタイムで多く時間をとるようにしています。

 

自分のライフスタイルに適した形を探した結果、今の形に落ち着いたというわけですね。

読んでいる本の量について

 

ここまで色々と読書習慣の取り入れ方やテクニックなど参考になるお話をいただきましたが、年間には実際どのぐらい読んでいるのですか。

 

だいたい「週に2冊以上読むぞ」と決めているので、年間では104冊が目標になるのですが、実際には120冊ぐらいに落ち着いています。

 

120冊ですか…。1冊1,500円としても180万円ぐらい自己投資している計算になりますね…。

 

実際には、AmazonのPrime会員やkindle unlimitedの会員にとして無料で読める分から探したりすることもあるので、実際に購入している割合は5~6割かもしれません。

最近は気になっている本も、2つの会員特典で無料で読める内容であったりするので、割合は徐々に減って来た気がします。

 

サブスクリプションプランを活用することで、コストを抑えて読書ができるということですね。私も加入していますが、最近はプランの範囲で読める本が増えてきたなぁという実感は私もあります。

 

スペースの問題で物理的な本は何回か読んだらよほど気に入っているものでない限り売ることも多いので、そういった意味ではサブスクリプションはとても便利で魅力的なので活用させてもらっています。

 

なるほどお話とても参考になりました。
今後も夢や目標の達成に向けて頑張ってください。
ありがとうございます。

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回のお話を聞いて是非皆さんも生活に取り入れられるプラスワンがあればインストールしてみてください。

引き続き、とある誰かのライフスタイルを見つけ次第、取り上げていきますので、お楽しみに。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる